緑内障は恐ろしい目の病気|早めの検査で安心治療

視神経と病気

失明になりうる危険性がある緑内障はしっかりとした予防が大切です。失明しないようにするためにもこちらで予防法を学んでおきましょう。

大阪には緑内障の治療に取り組んでいる漢方クリニックがあります。東洋医学のパワーで健康な目とクリアな視界を取り戻しましょう。

視神経が障害を受ける原因

Male

視神経は眼球で見たものを脳に伝達する役割があります。視神経に障害が起きると脳への伝達が不十分となり、確かな映像として捕らえることができなくなります。この視神経に障害を与える病態として、最も多いのが緑内障です。ところで、なぜ緑なのかはいろいろ諸説がありますが、緑内障の方の瞳孔を見た時に緑に見えたということが由来しているようです。 緑内障は40歳以降から急激に増加してくる疾患であり、失明原因の第1位となっております。幸い医薬品の進歩により、眼圧をコントロールできる良薬が開発され、ある程度は点眼薬でコントロールできるようになりました。ただ完治させる治療法は依然としてなく、緑内障の進行を遅らせることが目的ですから、罹患した場合は長期的な治療を余儀なくされます。

正常眼圧でも障害がある

緑内障は眼圧が高くなると視神経が圧迫され障害が起きることが原因ですが、眼圧が正常であっても視神経の障害が起き、緑内障が発症することがあります。これを正常眼圧緑内障といい、実に緑内障の70%を占めているのです。正常眼圧であれば圧迫されることはないと考えられますが、視神経自体の脆弱性や眼圧に対する抵抗力の低下で正常眼圧でも障害が起きるメカニズムです。 治療は通常の眼圧より20〜30%ほど下げる治療を行います。これも点眼薬での眼圧コントロールとなりますが、点眼薬での効果が不十分であればレーザー治療や手術を行います。 このような視神経の障害は、人により視神経の強さも違うことから防ぎ様のない疾患であることがいえます。そして人間は眼圧をコントロールできても視神経を強くすることができませんので、今後も正常眼圧緑内障は増加していくことが予想されます。

知らないうちに

Male

緑内障によっていったん視野が欠けると、それを元に戻すことはできません。しかし、現在はすぐれた目薬が数多く開発されており、緑内障患者も普通の生活を続けることが可能になっています。病院でも視野検査は簡単にできますし、自分でできるチェック法もあるので、予防と早期発見につとめましょう。

視野が欠損していく病気

smile

緑内障は、過剰な眼圧による、視神経への余分な圧迫によって、視野や視力に障害が起こる病気です。白内障と違って、手術で完治させることができません。早期発見と早期治療が、病気に対抗する唯一の手段となります。

危険因子と病気の種類

Female

緑内障は、眼圧が高い、高齢者、身内に緑内障の人がいるなどが、危険因子と考えられています。しかし、どういった理由で発症するのか、現在ではまだ詳しくは判明していない病気です。大きく分けて、4種類のケースに分類されます。